生活

【画像多め】3年ぶり開催の「神田明神 納涼祭り2022」の会場の様子をレポート!

8月11日(祝・木)に前夜祭が開催された「神田明神 納涼祭り2022」。コロナ禍の影響で、じつに3年ぶりの開催となりました。2022年の日程は8月11日(木・祝)〜14日(日)までの4日間。

そんな「神田明神 納涼祭り2022」の前夜祭の様子をレポートします。とにかく人が多くて、「ぶいすぽっ!」好きはもちろん、誰もが楽しめるお祭りであることを実感しました。祭り、最高!

「神田明神 納涼祭り 2022」が開催される場所はどこ?見どころは?

「神田明神 納涼祭り(読み方は「かんだみょうじん のうりょうまつり」)」が開催される場所は神田明神の境内。秋葉原駅の電気街口からは徒歩7分の場所で、末広町駅からなら徒歩5分ほどで神田明神に到着します。

「神田明神 納涼祭り」がはじまったのは2016年のこと。当時は盆踊りや屋台など、昔ながらのいわゆる“夏祭り”的な感じでスタートしたそうです。しかし途中からは秋葉原との連動性を考え、キャラクターコンテンツとのコラボを全面に押し出したお祭りへと変化。“アニソン盆踊り”などが開催されています。

2022年の神田明神 納涼祭りは「ぶいすぽっ!」とコラボ

境内にはやぐらが設置されていました

2022年はVTuberグループ「ぶいすぽっ!」と神田明神がコラボレーション。

「ぶいすぽっ!」とのコラボ屋台では「ぶいすぽっ!」のメンバーがモニター越しに接客してくれるなど、ファンにはたまらない内容となっています。

こちらがコラボ屋台ゾーン。とにかく人がすごい!
フルーツ飴やとうもろこし、かき氷などの屋台とコラボ
長蛇の列ができているコラボ屋台もあり

コラボ屋台では1会計ごとにトレーディング缶バッジ(15種類ランダム)とアルコールティッシュがプレゼントされるそう。

なかには売り切れになっている屋台もありました
「ぶいすぽっ!」のメンバーがモニター越しに接客してくれる
ただ、メンバーに接客してもらうためには、抽選に当選する必要があり
抽選には長蛇の列ができていました。すごい!

「ぶいすぽっ!」との限定コラボグッズも多数あり

また、会場では「神田明神 納涼祭り」と「ぶいすぽっ!」の限定コラボグッズも多数販売。はっぴを着てお祭りを楽しんでいるファンの姿も散見されました。

コラボグッズを大量に買うファンの姿も
コラボハッピは全15種8800円
そのほかタペストリー(3300円)や絵馬キーホルダー(880円)も

そして、会場には輪投げやスマートボールなどで遊べる遊戯エリアも設置。しかし、ただ輪投げやスマートボールで遊ぶわけではなく、獲得した得点に応じてぶいすぽっの「トートバッグ」や「タオルマフラー」「アクリススタンド」「アクリルキーホルダー」「ポストカード」などの特典がゲットできるそう。こちらもかなり長い列ができていました。

スマートボール
輪投げ
投げる手にも力が入っている様子でした
こちらが景品表

「神田明神 納涼祭り2022」では一般的なグルメ屋台もたくさん出店

黄色い数字(01〜15)が一般の屋台ゾーン

お祭りといったら屋台が一番の楽しみ。そんなひとも多くいますよね。安心してください。「神田明神 納涼祭り2022」では、一般客も楽しめる屋台が数多く出店しています。

しかも、どれも500円くらいの値段なので、さまざまな味を楽しめるのが魅力です。

自家製のレモネードは550円
定番のたこ焼き
日本酒は半合から販売
きゅうりの一本漬けもあり
肉汁餃子は4個で500円。肉汁たっぷりで美味でした!
フランク盛り合わせは800円。ボリューミーで酒の肴に◎
富士宮焼きそば(500円)はほぼ具が入っていなくて残念……

「神田明神 納涼祭り2022」は8月14日まで!

「神田明神 納涼祭り2022」の会期は8月11日(木・祝)〜14日(日)の4日間。12日(金)には17時〜21時の時間帯でアニソン盆踊りが開催されるなど、盛り上がり必至の1日となっています。

そのほか、屋台コーナーなどは11時〜21時まで開催されているので、秋葉原にお越しの際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。「ぶいすぽっ!」好きはもちろん、誰もが楽しめること間違いなしです。ぜひ!

日程2022年8月11日(木・祝)〜14日(日)
時間11時00分〜21時00分(11日だけ15時00分〜21時00分)
場所神田明神境内
ホームページhttps://www.kandamyoujin.or.jp/event/detail/?id=134
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください