たべる

食べログ3.55!秋葉原の人気ガチ中華「過橋米線」で米線ランチを堪能

秋葉原駅の電気街改札から徒歩10分ほどの場所にある「過橋米線(かきょうべいせん)」。食べログ3.55を誇るガチ中華(何雲料理)のお店です。

そんな「過橋米線 秋葉原店」で鶏肉米線ランチ(900円)をいただいてきました。ラーメンやうどんとも違う、もちもちの米線がクセになる味わい。値段もリーズナブルなので、確実にリピートします!

秋葉原で人気の中華料理店「過橋米線」ってどんなお店?

入り口は階段をのぼってすぐ

「過橋米線」の読み方は“かきょうべいせん”で、何雲料理を専門とする中華料理のお店です。店名に用いられている“米線”は、米から作った麺料理で、もちもちとした食感が特徴。雲南省にある街で発祥した料理だそうです。

こちらが入り口

秋葉原以外にも上野や日暮里、中野坂上にも店舗があり、秋葉原店は食べログ3.55の超人気のお店。2021年には「中国料理 百名店」にも選出されるほどの人気です。秋葉原駅の電気街改札から徒歩10分ほどの場所で、妻恋坂交差点のほど近くにあります。

店内は全48席

秋葉原にあるガチ中華のお店「過橋米線」のメニューは?

「過橋米線 秋葉原店」の営業時間は昼と夜の二部制。11時30分〜14時30分のランチタイムには、よりリーズナブルに本格的な雲南料理がいただけます。

ランチの定食メニュー
ランチの米線メニュー
  • 麻婆豆腐セット 750円
  • 回鍋肉 800円
  • ニラレバー炒めセット 800円
  • 豚肉とピーマン炒めセット 800円
  • 雲南ハム入りチャーハンセット 800円
  • 黒酢若鶏セット 800円
  • エビチリソースセット 850円
  • 玉子と豚肉 野菜炒めセット 800円
  • 伝統雲南風過橋米線 980円
  • 鶏肉米線 800円
  • 焼き米線セット 850円
  • 海鮮米線 850円
  • 牛肉米線 800円
  • 豚角煮米線 800円
  • 羊肉米線 800円
  • 土鍋米線 800円
  • タンタン米線 800円
  • チャーシュー米線 800円
  • モツ米線 800円
  • 冷し米線 900円

どれも1000円以下とリーズナブル。定食はサラダやデザートがつくだけでなく、ライスのおかわりが無料。米線はプラス100円で麻婆丼か半チャーハンをセットにできるので、がっつり派も大満足。

秋葉原の人気中華料理店「過橋米線」で鶏肉米線ランチ

訪れたのは平日の14時前。微妙な時間でしたが、周辺のビジネスパーソンらしき人たちで4割ほどは席が埋まっていました。さすが食べログ3.55の人気店。

メニューがたくさんあって悩みましたが、米線が気になったので「鶏肉米線(800円)」にプラス100円で半チャーハンを追加しました。

具だくさん
チャーハンはごはん茶碗1杯分
デザート付き

まず、これだけのボリュームで900円はかなりリーズナブル。米線には鶏肉だけでなく、もやしなどの野菜もたっぷり。食べごたえ抜群です。

麺はもちもち

そうめんのようですが、そうめんよりも太い。うどんにも似ていますが、うどんよりももちもちしているので、太くてもちもち感が増したそうめんという感じ。もやしなどの野菜がシャキシャキしているので、もちもちのなかにもシャキシャキとした食感が楽しめて◎。

スープはあっさり系

あっさりな中にも、胡椒のピリ辛感が効いていて◎。優しさの中にピリ辛な感じがあっていくらでも飲めちゃうやつです。おいしい。

秋葉原で中華料理なら「過橋米線」がおすすめ

メディアにもたびたび登場!

秋葉原にはほかにもガチ中華のお店がいくつかありますが、本格的な中華料理をリーズナブルに味わうなら「過橋米線」がおすすめです。

ランチタイムは750円から、ディナータイムは298円からガチ中華を楽しめます。今度はディナータイムに訪れたいと思います。

住所千代田区外神田6-5-11 MOAビル1F
営業時間【ランチ】11時30分~14時30分
【ディナー】17時00分~23時00分(L.O.22時30分)
定休日なし
ホームページhttp://www.kakyoubeisen.com
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください
RELATED POST