たべる

路麺ファンからも人気!秋葉原の「川一」で立ち食いそばランチ

秋葉原駅の昭和通り側は立ち食いそばの激戦区。「みのがさ」や「二葉」「岩本町スタンドそば」など、地場の名店がしのぎを削っています。

もうひとつ忘れてはならないのが「川一(かわいち)」。秋葉原駅の昭和通り改札から徒歩11分の場所にある立ち食いそばのお店です。そんな「川一」でお気に入りのいかそば(650円)をいただいてきました。

秋葉原の立ち食いそば店「川一」ってどんなお店

「川一」

「川一(かわいち)」は秋葉原にある人気の立ち食いそば店。食べログ評価は3.47で、路麺(チェーンではない立ち食いそば店)ファンからも高い人気を誇るお店です。

そんな「川一」があるのは、秋葉原駅の昭和通り改札から徒歩11分ほどの場所。少し歩きますが、それでも食べたいと多くのファンが足しげく通います。

店内は椅子のあるカウンター席が11席のみ

秋葉原の立ち食いそば店「川一」のメニューは?

「川一」のメニューはそばとうどんがメイン。カレーやカレー丼、おにぎりなどのご飯ものもラインナップしています。

メニュー
  • かき揚げ 500円
  • いか 650円
  • ゲソ 650円
  • 海老 780円
  • あじ 550円
  • 納豆 550円
  • 山かけ 550円
  • ごぼう 500円
  • 春菊 500円
  • ちくわ 500円
  • とろろ昆布 500円
  • きつね 500円
  • たぬき 450円
  • わかめ 450円
  • 肉 600円
  • カレー 700円
  • カレー丼ぶり 700円
  • 月見 440円
  • 玉子 60円
  • ざる 480円
  • もり 430円
  • 大盛 100円
  • 特盛 200円
  • 冷やし物全品 50円増し
  • おにぎり 100円
  • かぼちゃ 120円
  • なす 120円
きくらげは100円

秋葉原で人気の立ち食いそば店「川一」でいかそばを堪能

訪れたのは平日の13時30分ごろ。平日の7時から14時までしか営業していないので、訪れる際はお早めに。閉店間際でしたが、それぞれひとりで来たであろう女性客がふたり。ひとりは常連っぽい感じで、大将と楽しそうに雑談をしていました。

「川一」は個人的に天ぷらが好きで、なかでも「いか(650円)」と「ゲソ(650円)」がお気に入り。もしくは、きくらげトッピング(+100円)が個人的にはおすすめです。この日は「いかそば(650円)」にしました。

昔ながらの黒いつゆ

つゆはかつお出汁がききながらも、見た目に反して甘め。このつゆをしっかり吸ったイカ天が本当にウマイんです。

麺はコシと歯ごたえあり。ねっちりしていて◎

細かくカットしたイカの切り身やゲソをかき揚げに。意外にサクッとしていてクセになる味わいなんです。おすすめ。

秋葉原で立ち食いそばなら「川一」もはずせない

秋葉原には立ち食いそばの名店が数多くありますが、「川一」も見逃せない人気のお店。漆黒のつゆはしっかり出汁が効いていながらも、見た目に反して甘めの味付け。素材の味が楽しめる天ぷらが絶品なだけでなく、麺はコシがあって喉ごしも抜群。つまり、すべてがパーフェクト級においしいそばが楽しめます。

秋葉原駅から少し歩きますが、それでも行く価値があるほどおすすめ。まだ行ったことがない人は、ぜひ足を運んでみてください。

住所台東区台東1-2-7
営業時間7時00分~14時00分
定休日土・日・祝
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください
RELATED POST