たべる

【実食レポ】秋葉原のおすすめスープカレー店3選!マツコも絶賛の超人気店から電気街のお店まで

北海道は札幌発祥のスープカレー。2000年に爆発的なブームが巻き起こると、全国的に人気を誇るまでになりました。

この記事では秋葉原のおすすめスープカレー店を3店舗ピックアップ。マツコが絶賛したお店から札幌発の本場仕込みのお店までさまざまご紹介します。ほぼ毎日秋葉原に足を運ぶ筆者が実際に足を運んで得た情報です。ぜひ参考にしてください。

「スープカレー」とは?

スープカレーの発祥は北海道・札幌と言われています。もともとは1970年代にインド、ネパール料理をベースに開発された「薬膳カレー」がはじまりとのこと。

1990年代になると現在のスープカレーの姿に改良され、スパイスを効かせたスープにたっぷりの野菜を投入したスープカレーが完成します。その後の2000年に爆発的なスープカレーブームが巻き起こり、全国区の人気を誇るまでになりました。

スープカレーの食べ方はじつにさまざま。スープにライスを浸して食べるもよし、ライスにスープをかけて食べるもよし、スープとライスを代わる代わる食べるもよし。食べ方にルールはないので、好みの食べ方でOKです。

1. マツコも絶賛した秋葉原の人気スープカレー店「カムイ」

「スープカレーカムイ」

まず紹介するのは、カレー激戦区の秋葉原において食べログ3.65の人気を誇る「スープカレーカムイ」。マツコの知らない世界で紹介され、司会のマツコさんもそのクオリティに絶賛したスープカレー店です。

そんな「スープカレーカムイ」があるのは、JR秋葉原駅から徒歩7分の場所。決して駅近ではありませんが、行列を作ることも珍しくないほど人気。とくに日曜日のごはん時は行列必至なので、オープン直後などに行くのがおすすめです。

店内は全20席弱のこぢんまりとした雰囲気
2名テーブルや4名テーブルもあり

週末には店内のスペースでインストアライブを開催することもあるので、静かに食事をしたい場合は店主のTwitterなどを確認してから訪れるのがベター。

「スープカレーカムイ」の一番人気はチキン野菜カレー。ライス付きで1089円なだけでなく、無料で大盛りにもできるのでかなりリーズナブル。このリーズナブルさも「スープカレーカムイ」の人気の秘訣です。

一番人気の「チキン野菜カレー」

「スープカレーカムイ」のスープカレーの特徴は、よくあるスープカレーよりもトマト味が強く、さながらミネストローネのよう。このスープが本当に絶品です。

個人的にはカマンベールポークカレーも好みの味。チーズによって辛さが緩和されてまろやかな味わいに変化します。値段もそこまで変わらないので、好みに応じてセレクトしてみてくださいね。

「カマンベールポークカレー(1199円)」

▼詳細はこちらの記事で

住所千代田区神田須田町2-3-24 KT須田ビル1F
営業時間【平日】
11時00分~L.O.14時30分/17時00分~L.O.20時30分
【日・祝】
11時00分~20時30分
定休日土曜日
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください

2. 秋葉原電気街にあってアクセス抜群!老舗のスープカレー店「カレー食堂 心」

アパホテル秋葉原駅電気街口の1階に店舗を構える「カレー食堂 心」

「カレー食堂 心(こころ)」は2001年に札幌で創業したスープカレーの老舗。ヨドバシAkiba店は2021年8月に閉店し、現在は電気街口にある1店舗のみの営業です。

店内は全17席とこぢんまり。ホテルの1階に位置していることもあって明るくてスタイリッシュな雰囲気なので、カップルなどで訪れるのもおすすめです。

「カレー食堂 心」の魅力はメニューの豊富さ。定番の「骨つきチキンのスープカレー」はもちろん、「シーフードのスープカレー」や「ラムと野菜のスープカレー」など、じつにさまざまなスープカレーをラインナップしています。

秋葉原店限定の週替わりメニューもあり

一番人気は、やはり定番の「骨つきチキンのスープカレー(1280円)」。辛さは「0」から「100」まで無料でセレクトできるので、辛いもの好きの人にもおすすめのお店といえそうです。

大きなチキンが鎮座。野菜は少なめ
スープは20種類以上のスパイスをブレンドして作っているそう

電気街のジャンク通りにあるので、買い物の途中にふらっと立ち寄るのにも最適。デカ盛り系のメニューもあるので、我こそはという方はぜひチャレンジしてみては。

▼詳細はこちらの記事で

住所千代田区外神田3-11-4 アパホテル秋葉原駅電気街口1F
営業時間11時00分~22時00分(L.O.21時30分)
定休日なし
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください

札幌発のスープカレー専門店!5種類のスープから選べる「Curry&Cafe SAMA神田店」

「Curry&Cafe SAMA神田店」

秋葉原駅から徒歩10分ほどの場所にある「Curry&Cafe SAMA神田店」。銀座線「末広町駅」からなら徒歩3分で到着します。こちらも2004年に札幌で創業したスープカレーの専門店で、現在は北海道を中心に全国で10店舗以上を展開しています。

おしゃれな雰囲気なのでカップルやファミリーでも◎
カウンター席もあり

店内は赤と黄色を配したスタイリッシュな雰囲気。ホームページによると、トマトの“赤”と玉ねぎの“黄色”をイメージしているそう。そんな「Curry&Cafe SAMA神田店」の特徴は、5種類のスープからセレクトできるところ。

通常は「トマトスープ」が基本ですが、「Curry&Cafe SAMA神田店」では「ココナッツスープ」や「あっさりスープ」「えびスープ」「クリーミーえびスープ」など全5種類のスープをラインナップしているので好みに応じて選んでOK。

具材の種類も豊富で、辛さやごはんの量も選べるので、自分好みにカスタマイズできる点が大きな魅力です。

こちらは定番で人気ナンバー1の「チキン野菜カリー(1450円)」。スープはこれまた定番の「トマトスープ」をセレクトしています。このトマトスープが特徴的で、フォークですくうと玉ねぎがたっぷり。オニオンスープのような雰囲気なので、玉ねぎ好きにはたまらない味わいです。

個人的には「Curry&Cafe SAMA神田店」のトマトスープが一番好み

値段は「カムイ」や「カレー食堂 心」よりも割高ですが、野菜の量が多かったりトマトスープが超絶品だったり。秋葉原駅から少し遠くても行く価値が大いにあるスープカレー店だと感じました。

野菜はレンコン、ブロッコリー、おくら、なす、ニンジン、ピーマン、アスパラ、じゃがいも、カリフラワーの9種類

▼詳細はこちらの記事で

住所千代田区外神田6-15-4 MVKビル1F
営業時間11時30分~15時30分(L.O.15時00分)
17時00分~22時00分(L.O.21時30分)
定休日第2水曜日
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください

秋葉原のスープカレーはどれも本格派で絶品!

秋葉原駅界隈にあるスープカレーのお店を3店舗ご紹介しました。ミネストローネのようなスープが絶品な「スープカレーカムイ」に、豊富なメニューが魅力的な「カレー食堂 心」。玉ねぎたっぷりのトマトスープがハマる美味しさの「Curry&Cafe SAMA」。

それぞれ特徴が異なるので、好みに合わせて足を運んでみてくださいね。

RELATED POST