たべる

オモウマい店で話題!秋葉原の人気中華料理店「雁川」で牛すじチャーハンを味わう

秋葉原駅の電気街にある「雁川(がんせん)」。日本テレビ系列の「オモウマい店」にも登場した人気の中華料理店です。

そんな「雁川」で看板メニューの牛すじチャーハン(大盛り1100円)をいただいてきました。何度も食べたくなる、本当に絶品なチャーハンです。

秋葉原で人気の中華料理店「雁川」ってどんなお店?

「雁川」

秋葉原の電気街にある「雁川」。読み方は“がんせん”で、1996年にオープンしたいわゆる町中華です。メディアにも数多く登場していて、最近では日本テレビ系列の「オモウマい店」で特集を組まれて大きな話題を呼びました。

過去には「TVチャンピオン極」や「newsevery.」「嵐にしやがれ」などにも登場歴あり

さまざまなメニューがありますが、なかでも人気はチャーハン。とくに多くの人が頼むのが、土日祝日限定の「牛すじチャーハン」です。この牛すじチャーハンを食べに、オープン前から行列を作るほどの人気のお店です。

牛すじチャーハンが人気ナンバーワン
牛たん塩チャーハンも人気

そんな「雁川」があるのは、秋葉原駅から徒歩7分の場所。電気街の一角にあり、近くには「九州じゃんがら」や「ノーガホテル」などがあります。

秋葉原の人気中華料理店「雁川」のメニューは?

「雁川」といったらマストで頼みたいのがチャーハン。はじめて行くなら「牛すじチャーハン」がおすすめです。

牛すじチャーハン以外にもさまざまあり
  • 牛すじチャーハン 並900円/大1100円
  • 牛たん塩チャーハン 並900円/大1100円
  • 豚肉生姜焼きチャーハン 850円〜

チャーハン以外にもさまざまありますが、とくにランチタイム中はチャーハンを頼む人が多数。チャーハンだけで足りない場合は、セットメニューがおすすめです。こちらもかなりのボリュームです。

ランチのセットメニューは800円からラインナップ
  • 牛すじチャーハン&ラーメン 1000円
  • ラーメン&ミニ麻婆丼 800円
  • ラーメン&チャーハン 880円
  • ラーメン&鳥の唐揚げ 1000円

お得なのはランチタイムだけではありません。17時からのディナータイムもボリューミーかつリーズナブル。どの時間帯に行ってもお得にお腹いっぱいになれます。

「夜限定まんぷく中華定食」は、杏仁豆腐が付いて驚異の800円。大盛りにしても900円
「満腹☆夜定」はライスのお替わりが自由で950円

お腹いっぱいになれるだけでなく、味も間違いないのでどのメニューもハズレはなし。メディアに取り上げられるのも納得です。すごい。

秋葉原で人気の中華料理店「雁川」で牛すじチャーハンランチ

訪れたのは平日の13時30分ごろ。人気の「牛すじチャーハン」は基本的に土日祝限定のメニューですが、じつは第1・第3木曜日、そして月末の金曜日もオーダーすることが可能。週末は並ぶこともあるので、比較的空いている平日が穴場でおすすめです。とはいえ、この日も常に満席の状態でした。

オモウマい店で紹介されてから混むことが多く、長いこと食べられていなかった「牛すじチャーハン(大盛り1100円)」をオーダーしました。待つこと15分、お待ちかねの牛すじチャーハンが運ばれてきました。

じゃん!
玉子スープ付き

この牛すじチャーハン、A4ランクの黒毛和牛を使っているだけでなく、独自の調合で3時間以上も煮込んでいるのでかなりとろっとろ。

劇的にウマイ

しかも、そんな牛すじがゴロゴロ入っているので、口に入れるたびに牛すじも入ってきて本当にハッピー。

ゴロゴロ

いうまでもなくチャーハンも絶品。よくある玉子チャーハンではありますが、絶妙な味付けで牛すじの餡を生かす味わい。パラッパラでコクもあるので、チャーハンだけでも十分においしい。本当に極上!

黄金チャーハン

この日はランチタイムに訪れましたが、ディナータイムも牛すじチャーハンをオーダー可能。終日、オーダーできるのでご心配なく。

秋葉原でチャーハンなら「雁川」がおすすめ

個人的には焼きそばもお気に入り

秋葉原にも中華料理店はいくつかあって、個人的にチャーハンが好きなお店もありますが、ナンバーワンはやっぱり「雁川」の牛すじチャーハン。

A4ランク以上の黒毛和牛をふんだんに使っているだけでなく、ボリュームも満点なうえに値段もかなりリーズナブル。少しは並ぶことも覚悟のうえですが、それでも食べる価値は大いにありです。ぜひ!

住所千代田区外神田3-10-10 白銀会館 地下1階
営業時間【ランチ】11時00分~15時00分
【ディナー】17時00分~21時00分
定休日月曜日
※情報は取材当時のものです。お店に行く際は公式情報をご確認ください
RELATED POST